実際に勤務はしていない

収入証明について

収入証明

在籍会社で発行される収入証明は、大きく分けて給料明細書と源泉徴収票である。賃貸契約や借り入れ等の場合は、源泉徴収票を必要とする。

実在する会社で発行するのだから本物か偽物かと言えば、本物である。ただ、実際に勤務はしておらず給料はもらっていない。なので本物では ないという表現が正しいのではないだろうか。提出先では真偽は確認できない。

アリバイ会社としても賃貸や借り入れなら問題が表沙汰になることは少ないので商いにしているが、申告に使われると非常に厄介なことらしい。 申告に使われると会社に納税の調査が入り、雇用について確認されるので困るらしい。発行時に申告には使えません。と断りを入れるが、無視する利用者も 少なくないとか。

保育園に提出するば、詐欺になる可能性がある。収入によって保育料が決められる為。作為的に保育料を不当に操作し利益を得ていると考えられるからだ。

大丈夫だろうと思っていることで手痛い目にあうこともある。

詐欺被害