勤務先を人に言えない職種によって審査NG

アリバイ会社は詐欺?

勤め先や収入証明をアリバイ会社で

アリバイ

勤務先を人に言えない(風俗店勤務等)、勤務先の職種(水商売等)によって審査が通らない。そんな時に「アリバイ会社」を使う人が いる。例えば「引越し」で部屋を借りる時の賃貸契約は、勤務先と収入証明を確認されるので、「風俗や水商売」は申し込みの時点で 断られる。そういう人の為に「勤務先や収入証明」を用意してくれるのが「アリバイ会社」だ。実際には、勤めていない会社に 勤めているかのように「在籍確認」を取ってくれるのである。おまけに収入証明書(給料明細)や源泉徴収票なども作ってくれるのです。 大変便利なのですが、詐欺になるのでは?と最近ニュースでもやっているようですが実際にどうなのでしょう。 公的機関が詐欺被害に遭っているということなのでしょうか。

詐欺というのは刑法なので、刑事事件になります。刑事事件は罰金刑や懲役刑と様々です。詐欺罪は 「人を欺いて財物を交付させたり...」とあり、実際に勤めていない会社で在籍確認を取ったりすること は、その罪にあたる。のではないか。そういった詐欺被害に関する相談が多くなっているという。アリバイ会社の利用者が、この場合詐 欺被害者なのか加害者なのか分からないという人がいるらしいが、どちらかといえば、加害者である。 間違っても詐欺被害者になることはない。あるとすれば、アリバイ会社側とのやり取りで、騙されたモノなのか だが、双方がしている事を考えれば、五十歩百歩ではないか。色々な場面でアリバイ会社を使うのは、安全なのか 危険なのか、どういった時なら大丈夫なのかを検証してみることにしよう。

家族に対は詐欺にはならない?

家族に対してならどうなのでしょう。「ウソ」をついている事には変わりはありません。ただ詐欺罪に問われるかと言うと たとえ家族が「詐欺」だ被害を受けたと訴えたとしても立件されるのは難しいでしょう。

やはり利用するにしても家族間や友達の範囲を越えない方が良いみたいです。就職先の職種を教えたくない人もいるでしょう。 でも、見栄を張ってしまうこともあるでしょう。そんな時の利用は許されるのではないでしょうか。